現代社会における不動産事情を知っておこう。

House for indevidule

選び方

不動産の購入とは、人生の中でもっとも大きな買い物でもあります。そのため、妥協することなく、納得のいく不動産を選ぶ必要があります。安心して住める不動産を選びましょう。

☞詳しく!

コスト削減

出張や研修などで、一定期間地方に滞在する必要がある場合は多いでしょう。その際、ビジネスホテルなどに宿泊するよりも、「マンスリーマンション」がオススメとなります。

☞詳しく!

目的を持って

不動産物件を購入しようと考える方はたくさんいますが、不動産物件を購入する場合は、「何のために購入するのか」「何が目的で購入するのか」など、目的を明確にする必要があります。

☞詳しく!

ローン返済に困ったら

住宅不動産を購入する方はたくさんいますが、住宅を購入する際には、ほとんどの方が「住宅ローン」を組みます。その返済に困ってしまったら、任意売却がオススメとなります。

☞詳しく!

不動産事情

「不動産」と聞くと、あなたは何を思い浮かべますか?土地を思い浮かべる方も多いとは思いますが、やはり真っ先に建物を思い浮かべる方が多いのではないかと思います。建物不動産とは言っても、それには商業ビルや住宅不動産などさまざまな種類があげられますが、中でも「住宅不動産」を思い浮かべる方がもっとも多いのではないでしょうか。
住宅不動産とは、その名の通り私たちが住むことのできる不動産のことを指します。私たちにもっとも身近な不動産でもあり、それを賃貸する方もいれば、購入する方も多いのではないでしょうか。
住宅には、大きく分けて二つの種類が存在しており、その種類として「一戸建て住宅」と「集合住宅」に分けることができます。一戸建て住宅とは、一戸として建てられた住宅のことを指し、集合住宅とは、一棟に複数の住戸がある住宅のことを指します。いずれも、賃貸することも可能であり、また、購入することも可能です。集合住宅の中には、長期滞在を目的に利用できる賃貸のマンスリーマンションが注目を集めています。マンスリーマンションとは、月単位で借りることができるマンションのことを指し、長期滞在をする必要がある方にオススメです。長期滞在者向けに賃貸されているマンスリーマンションは多く、長期滞在する現地で見つけることもできますし、そこへ行くまでにインターネットなどを利用して長期滞在用のマンスリーマンションを見つけることもできます。長期滞在用のマンスリーマンションは今や、多くの人々に利用されているのです。

住宅の購入とは、大きな買い物となります。「もの」も大きいですし、何と言っても「金額」も大きいですよね?それにより、ローンを組まずには購入できないという方は多く、住宅ローンを組んで購入する方がほとんどなのではないでしょうか。
しかしその中には、事情により返済が困難になってしまう方も少なくありません。その場合は、任意売却を考えてみましょう。任意売却とは、ローンなどの返済が困難になってしまった場合に、不動産会社を仲介して担保不動産を売却することを指します。任意売却をすれば、自己破産する必要もありません。また、任意売却をすれば、借金を減らすことができ、また、精神的なストレスも軽減することができるのではないでしょうか。こうしたことからも、任意売却はオススメとなります。

長期滞在するなら

出張や研修などで地方に滞在する方の中には、一泊二日程度の方も多くいますが、一ヶ月や二ヶ月など長期滞在する必要がある方もたくさんいます。そんな方には、マンスリーマンションがオススメです。

☞詳しく!
このエントリーをはてなブックマークに追加